東京で注文住宅を建てるのは難しくない

東京で注文住宅を建てる時は、いろいろと超えなくてはいけないハードルがあります。高いハードルに見えますが、それを一つ一つ乗り越えていけば、注文住宅を建てるのは難しくありません。東京で注文住宅を建てる時のハードルは、土地、業者、資金の3つです。この中で資金が一番高いハードルです。東京で注文住宅を建てるとしたら、莫大な資金が必要になります。経済的に余裕のある方だったら、家を建てる資金は容易に用意できるでしょう。しかし、普通のサラリーマンだったら、それは簡単ではありません。資金をできるだけ安くする必要があります。そのための工夫は狭い土地を買うことや、安い施工価格で家を建ててくれる業者を見つけることです。この2つに成功すれば、東京でも手ごろな価格で家を建てることができます。

30坪以下でも魅力的な家を建てられる

東京の場合は土地の価格が高いので、経済的に注文住宅を建てるとしたらできるだけ狭小の土地を選ぶ費用があります。狭い土地だと、家まで窮屈になってしまうのではと思っていますが、決してそんなことはありません。家を建てる空間の利用や、家の建て方を工夫すれば、狭い土地でも快適な家を建てることができます。空間を生かす方法としては、3階建ての家があります。土地は狭くても階数を高くすれば、生活空間を確保することができます。また高い家にすれば、陽射しを取り込めるメリットもあります。この地域は高い建物が多いので日当たりが悪いことがありますが、高い家を作れば、最上階は日当たりの良いところにできます。家の建て方の工夫はいろいろあります。一つの例としては、床の高さを少しずつずらす工法があります。これによって、家の中に広がりを感じることができます。

東京で1000万円台の家を作れる

東京で1000万円台の注文住宅を建てることは可能です。この地域の場合は、土地代が高いので1000万円台で作るのは不可能に思えます。しかし、狭小の土地を見つけて、低い予算で家を建てる業者に依頼できれば、1000万円台の家は可能です。ただし、1000万円台前半の家を建てるのは厳しいです。最低でも1500万円程度、一般的には1000万円台後半の家が多いです。このような家を建ててくれる業者を探すには、狭小な土地に家を建てた実績を持つところを探しましょう。一般の住宅メーカーや有名な工務店よりは、規模の小さな業者を探した方が見つかりやすいです。探す時には、インターネットを活用しましょう。業者が見つかったら、あなた自身も家づくりに積極的に参加することが大切です。

埼玉・千葉・東京の住宅展示場にて、モデルハウスもご用意しています。 温度差を緩和する、オリジナルの24時間計画換気システムを取り入れています。 専用フォームにて、イベント来場のご予約も受け付けています。 60年以降も有償で、毎年10年毎の定期点検も行っています。 ポウハウスのインテリアコーディネーターが、こだわりの空間づくりを提供します。 注文住宅で東京での理想の住まいを貴方に|ポウハウス